ドラミングアドバイス46 . ドラム人間科学TV  ゴスペルドラミング特集

<STEP2> スティックエンド支点としゃっ骨&とう骨

 <STEP1>でゴスペル系の黒人ドラマーに多く見られる奏法と、モーラー奏法との関係性を理解して頂けたと思いますが、<STEP2>では、スティックエンド支点としゃっ骨&とう骨について解説していきます。

 ゴスペル系に限らず、難しいフレーズや速いプレイになるとパワーが落ちてしまうという方、必見です!

■SECTION1 《~グリップの支点の位置~》

<スティックエンド支点>

<一般的な支点>

 普段皆さんは、ドラミングの際に 「どこが支点になっているか?」 という事を考えた事はあるでしょうか?

 一般的には写真Aのように 「親指が触れている位置」 が支点になると考えられていますが、ゴスペルドラマーのようなパワフルな演奏を可能にするためには、親指が触れている場所ではなく、写真Bのように「スティックエンド」を支点にする必要があります。


まず、2つの支点による対比動画をご覧ください。

動画:スティックエンド支点の利点

 野球などのスポーツからもおわかり頂けるように、スティックエンド側を支点にすることによって、同じ振り上げ幅でも、よりパワフルにプレイすることができるのです。

~ Q & A ~

動画:小指だけで持つと・・・

Q.スティックエンドを支点にするのなら、小指だけで持てば良いんですか?

A.「小指だけ」 で握りこむようにスティックを持てば、たしかにスティックエンド支点にはなりますが、速いプレイやタッチのコントロールをする際、色々な不都合が出てしまいます。詳しくは右の動画をご覧下さい。

そこで大事になるのが 「フリーグリップ」 です!!

■SECTION2 《フリーグリップって?》

 若いドラマーさんには信じられないかもしれませんが、かつて日本のドラムレッスンでは 「ショット時に握る」 という理論しか存在せず、それが正しいとずっと言われていました
 そんな時代において、超一流ドラマーの特徴である 「はなすスティッキング」(指を伸ばす) を日本のドラマーさんに広め認知してもらうためには、新しいネーミングが必要だとK’s MUSICは考えました。

動画:フリーグリップ誕生の経緯

<一般的なグリップの支点の位置&力点>

<フリーグリップによる支点の位置&力点>

 「本来支点になるはずの親指が流動的に動く」「支点の位置を固定しない」 という当時の日本には全くなかった概念や練習法を 「フリーグリップ」 というわかりやすいネーミングで日本中に広める事ができて、K’s MUSIC一同、本当に喜んでおります。

 前置きが長くなりましたが、スティックエンド支点を本当に使いこなすには、このフリーグリップをマスターする事が必要不可欠です。

コチラでフリーグリップについて詳しく解説しておりますので、併せてご覧下さい。

※ もちろん、指が触れていない位置が支点になるので 「仮想支点」 になりますが、「スティックエンド支点」 はフリーグリップによって発生する仮想支点のバリエーションの一つです。

■SECTION3 《親指支点には弱点がある?》

 日本でずっと基本と言われていた 「親指支点の握るスティッキング」 ですが、実はこの方法には決定的な弱点があります。

動画:親指支点で握るスティッキング

 動画のように練習台やスネアでできる事が、フロアタム等で全くできない、という悩みをお持ちの方も多いと思います。そんな方は超ローピッチのフロアタムでもパワフルに演奏できるように、フリーグリップをマスターしてみてはいかがでしょうか?

 速いプレイで本当にフリーグリップができていますか?

 2003年の発表から13年が経ち、だいぶ名前は浸透したフリーグリップですが、モーラー奏法を使っている方でも、ゆっくりな基礎練習やフレーズの時はフリーグリップっぽくできていても、速くなると本人の意思とは裏腹に、親指支点になってしまっている方が大変多いのも事実です。

 速いプレイでもフリーグリップを使えるようにしないと、ドラムセット全体をパワフルに演奏する事は出来ません。
本当に親指支点になっていないか、一度、厳しくチェックしてみて下さい。


■SECTION4 《親指支点でもフレーズが叩けるが、、、。》

 親指支点でも練習をすればフレーズは叩けますし、エレドラならそれでも問題はないかもしれませんが、生ドラムでバンド演奏をするときには、困った事が起きます。

 まずはこちらの動画をご覧ください。

動画:スティックエンド支点を使う理由

 いくらフレーズができても、他のメンバーから嫌がられてしまっては元も子もありませんし、評価も下がってしまうのではないでしょうか?

それでは、実際に

1. 親指支点

2. フリーグリップによるスティックエンド支点

3. アーロンスピアーズ風な3rd、4thポジションを使ったスティックエンド支点

この3つの対比をしてみましょう。親指支点とスティックエンド支点の差を、映像と音でご確認ください!

動画:それぞれの支点の比較

 いかがでしょうか?
親指支点とスティックエンド支点の差がはっきりとおわかり頂けたと思います。

 しかしドラムセット全体でここまでできるようにするには、肩から先のモーラー奏法だけでは不充分で、人体力学で全身を使いこなせないと非常に困難です。(ちなみにK’s MUSICでは、レッスン後のサービスで、生徒さんに手取り足取りで人体力学のアドバイスをする事も大変多いです。)
 人体力学についてはコチラの動画をご覧ください。

~まとめ~

1、ゴスペル系のドラマーのようなパワーで演奏するためには 「スティックエンド支点」 が必須。

2、スティックエンド支点にするにはフリーグリップが有効だが、速いプレイで使えないと殆ど恩恵に預かれない。

3、古武術の技の原理が習得出来ていないと、モーラー奏法を使っても、結局速いプレイで親指支点になってしまい、曲では使えなくなってしまう。

■SECTION5 《しゃっ骨&とう骨》

 スティックエンド支点を本当に使いこなすには、「しゃっ骨、とう骨」を正しく動かすことが必要不可欠です。
 しゃっ骨、とう骨とは、前腕に付いている2本の骨で、手のひらが上を向いている時には平行に、手の甲が上を向いている時には交差して見える骨です。この骨が交差したり平行になることで、前腕を回転させる事ができます。(詳しくはドラミングアドバイス第42回フリーグリップとしゃっ骨&とう骨をご覧下さい→コチラ

しゃっ骨&とう骨

回内の動き

回外の動き

 ドラミングアドバイス第42回でも解説していますが、しゃっ骨、とう骨の回転は必ずしゃっ骨側を軸に回転する必要があります。しかし黒人ドラマーのように3rd、4thポジションを多用すると、とう骨が軸になってしまう方が多いのです。

 そうなるとどうなってしまうのか、動画でご確認下さい。

動画:とう骨が軸になってしまうと…

 いかがでしょうか?
エネルギーの逆流が起きたり、手首を壊したりしたのでは、プレイどころではなくなってしまいます。
3rdや4thポジションで叩く際にも、やはり軸になるのは 「しゃっ骨側」 なのです!

動画:スティックエンド支点

 このように 「小指側のしゃっ骨を軸に動かす」 ようにすれば、自然とスティックエンド支点になりますし、「エネルギーの逆流」 もおきず、ちゃんと打面へ伝える事ができるのです。
人体力学がマスターできれば、肩甲骨や背骨などの、「根元側のエネルギーを加える」 事も、可能になります!

  ではここで速い移動フレーズで

・親指支点

・回内のスティックエンド支点

・回外のスティックエンド支点

  を使って対比してみましょう!

動画:親指支点と、回内・回外による
スティックエンド支点の対比

 いかがでしたでしょうか?

 スティックエンド支点、しゃっ骨&とう骨をちゃんとマスターすることで、激しいバンド演奏の中でもしっかりリズムを伝える事ができますし、<STEP1>でご紹介したゴスペル系ドラマーが多用する 「3rdポジション」 「4thポジション」 を、実用的に使う事がはじめてできるようになります。
 この機会にぜひ練習に取り組んでみて下さい!

<STEP2>の完全収録版はこちらです。是非ご覧下さい!

STEP 2 完全版